余命1ケ月の花嫁 単行本

TBS「イブニング5」で大反響があった同名ドキュメンタリー番組の書籍化。
乳がんと闘い、24歳で亡くなった千恵さんからの「愛といのち」のメッセージ・・・
「毎日、なにしてるの?」(太郎)「生きている」(千恵)
余命1ケ月の花嫁
イベントコンパニオンをしていた長島千恵さんは23歳の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんとの診断をうけた。ちょうどそのころ赤須太郎さんから交際を申し込まれ、悩みに悩んだが「一緒にがんと闘おう」という言葉に動かされ、交際がスタートした。しかし、がんの進行は止まらず、去年7月に乳房切除の手術をせざるをえなくなる。それでも治ると信じ、SEの資格を取り再就職し、次第に病気のことは忘れていった。ところが、今年3月、激しい咳と鋭い胸の痛みに襲われ、主治医の元に。胸膜、肺、骨にがんが転移していたのが判明。筆舌に尽くしがたい痛みとの闘い。そして、ついに千恵さんは…。最後まで人を愛し、人に愛され、人を支え、人に支えられた24年の人生を生き抜いた長島千恵さんからのラスト・メッセージ。

第1章(発覚/太郎と千恵/告白/闘病開始/抗がん剤/乳房切除/父と母と/母の死)/第2章(再発/ごめんね/再入院/月単位/予後週単位/迷い/闘病記/インタビュー)/第3章(密やかな願い/結婚式前日/4月5日/花嫁の覚悟/結婚式)/第4章(4月10日/モルヒネ/風/最後の写真/4月13日/悪化)/第5章(悲嘆/4月27日/別れ/告別式/絆) (「BOOK」データベースより)
posted by 余命1ケ月の花 at 03:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。